オートロックのメリットとデメリット

鍵のかけ忘れなどによる空き巣や盗難の被害を防げるため、防犯の面で注目を浴びるオートロックセキュリティですが、実際の使用にはいくつか注意したい点があります。

まずは、オートロックによるセキュリティを解除する暗証番号の管理と使い方です。この暗証番号を忘れてしまうと解除できなくなってしまいますが、かといって手帳やスマートフォンのメモアプリなどを使用し、記録に残すこともあまり好ましくありません。他人の目に触れてしまう可能性を少しでも排除することで、より安心なセキュリティに繋がります。また、暗証番号の管理を徹底していても、それを使用する際にその建物の居住者以外の人が一緒に解除されたドアをくぐる可能性はゼロではありません。完全に安心だと委ねてしまいすぎず、暗証番号の入力の際まで周囲に気を付けるなど配慮することでより安心した生活に近付けることができます。

オートロックセキュリティを採用する建物には、原則無関係者が立ち入ることはできません。そのため、特に集合住宅などでは知らない内に無関係者が家の前まで来ていた、などのトラブルを防ぐことに役立ちます。また、やはり大きいメリットとして護られているという精神的な安心感を高めることができます。

 

オートロックを導入している建物

徐々に普及しつつあるオートロックセキュリティですが、どうしたらオートロックを利用できるかを知っている人は少なく感じます。今後の安心した生活に繋げるためにもオートロックセキュリティを考えている場合、その導入方法についても事前に調べると良いです。

オートロックセキュリティを導入している建物としては、一番に思い浮かぶのがマンションなどの集合住宅です。共用の玄関として使われるエントランスに設置される場合と、各家のドアに設置されるものに分かれていますが、基本的にエントランスより先に進むためには来訪者は居住者に連絡を取り、内側から解除してもらい中へ入るというシステムです。以前は転居のたびに新しい鍵に取付し直していましたが、最近ではデジタルロック方式など技術が進化したため、登録をし直すなどして利用できます。

また、一戸建ての建物でのオートロックセキュリティも普及しています。最近では家のドアだけではなく、門扉に設置する家庭も増えています。

その他にも、オフィスビルやホテルなどでもオートロックセキュリティは採用され、少し前は未来の技術としてのイメージが強かったオートロックも、今では身近に安心を守る手段の一つとしてオートロックセキュリティを導入されています。

安心した毎日のために、オートロック

安全や防犯の面で、日本は諸外国に比べ安心して生活することができると言われる国ですが、それでも毎日のようにニュースで取り上げられる空き巣やストーカーといった、住まいが絡む事件は決してゼロではありません。そのため、安全と言われる我々も、できる限りの防犯対策を講じる必要があります。

その防犯手段の一つとして、オートロック式のセキュリティがあります。オートロック式のセキュリティでは、自室の鍵だけではなく、建物内に共用玄関のドアがあり、その共用玄関のドアも施錠されているという形をとっているところが多いです。そして、その共用玄関のドアを外から開けるためには、決められた鍵や予め設定した暗証番号を用いるか、居住者に内側から鍵を解除してもらう必要があります。通常、アパートやマンションと言われて想像する物件は、共用玄関にはドアがないか、引き戸などで特に鍵の施錠などがなく簡単に開けることが可能です。そのため、共用玄関をくぐるとすぐに自室へと続く階段に進むことができるという場合が多くあります。例えば、ストーカー被害などを考えると、こうして誰でも簡単に自室の前まで辿りつくことができるということは恐ろしくもあります。オートロック式のセキュリティであれば、自室の前に辿り着くまでに一度、建物自体の玄関のドアを何らかの方法で通過しなければならないため、比較するとより安心することができます。

このようなことから最近ではオートロックを導入する賃貸も増えています。