安心した毎日のために、オートロック

安全や防犯の面で、日本は諸外国に比べ安心して生活することができると言われる国ですが、それでも毎日のようにニュースで取り上げられる空き巣やストーカーといった、住まいが絡む事件は決してゼロではありません。そのため、安全と言われる我々も、できる限りの防犯対策を講じる必要があります。

その防犯手段の一つとして、オートロック式のセキュリティがあります。オートロック式のセキュリティでは、自室の鍵だけではなく、建物内に共用玄関のドアがあり、その共用玄関のドアも施錠されているという形をとっているところが多いです。そして、その共用玄関のドアを外から開けるためには、決められた鍵や予め設定した暗証番号を用いるか、居住者に内側から鍵を解除してもらう必要があります。通常、アパートやマンションと言われて想像する物件は、共用玄関にはドアがないか、引き戸などで特に鍵の施錠などがなく簡単に開けることが可能です。そのため、共用玄関をくぐるとすぐに自室へと続く階段に進むことができるという場合が多くあります。例えば、ストーカー被害などを考えると、こうして誰でも簡単に自室の前まで辿りつくことができるということは恐ろしくもあります。オートロック式のセキュリティであれば、自室の前に辿り着くまでに一度、建物自体の玄関のドアを何らかの方法で通過しなければならないため、比較するとより安心することができます。

このようなことから最近ではオートロックを導入する賃貸も増えています。